読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kmizuの日記

プログラミングや形式言語に関係のあることを書いたり書かなかったり。

scala-nativeのサンプルプログラムをLinuxで動作させる場合の注意点

kmizu.hatenablog.com

についての補足的なエントリです。scala-nativeのサンプルプログラムsmallpt.scala__stderrpを使っていますが、Linux系には存在しないので、リンク時にこけてしまいます。

これを修正するには、smallpt.scalastdlib.scala__stderrp__stdoutpをそれぞれ、stderrstdoutに書き換えてやる必要があります。現状、条件コンパイルのような仕組みはサポートされていないのでこれをクロスプラットフォームで動作させる方法がたぶんないのがちと困ったものです(作者本人が作ったIssueには入っているので、そのうち解決されるだろうとは思いますが)。実は手元でunameを使ってOSによって分岐するコードを書いてみようとしたのですが、構造体のメモリレイアウトが微妙に違うのか、unameは呼び出せるものの、返り値に謎の値が入っているという事態になりました(なにか勘違いしているかも)。