読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kmizuの日記

プログラミングや形式言語に関係のあることを書いたり書かなかったり。

Kotlinの謎(解明編)

今日書いた

kmizu.hatenablog.com

についてですが、原因がわかりました。まずは以下のコードを見てください

Welcome to Kotlin version 1.0.0 (JRE 1.8.0_91-b14)
Type :help for help, :quit for quit
>>> val a: () -> Int = { 2 }
>>> val b: () -> Unit = { 2 }
>>> println(a())
2
>>> println(b())
kotlin.Unit

変数abの右辺は共に{ 2 }になっており、これは0引数の無名関数を表しています。一方、aの型は引数なしでIntを返す関数、bの型は引数なしでUnitを返す関数となっており、型に互換性がないにも関わらず、代入することができています。

このことから、無名関数の式の型は、期待される型によって(も)決定されるのだろうということがわかります。具体的には、2行目の{ 2 }の型は期待される型が() -> Unitなので、{ 2 }自体が() -> Unit型になり、そこから、

{ -> 2; Unit }

のようにUnitが補われているのだろうと思います。

F.kt:3:25: warning: the expression is unused
  val b: () -> Unit = { 2 }
                        ^

という警告が出る辺りもそれを裏付けていると言えそうです。