読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kmizuの日記

プログラミングや形式言語に関係のあることを書いたり書かなかったり。

Scala Days 2010で発表することになりました

Twitterで2週間近く前に書いたので既に知っておられる方も居るかもしれませんが、一応宣伝も兼ねて。

School DaysScala Days 2010というScalaオンリーのワークショップが、今年の4月15-16日にEPFL(Scalaのお膝元)@スイスのローザンヌというところで行われます。で、なんかスピーカーを募集していたので、今作成中のPEGライブラリPEGEXのネタで応募してみたところ、通ってしまったので、Scala Days 2010で発表してくることになりました(まだ公式ページにはスピーカーの情報は載ってないみたいですが)。タイトルと概要は以下のような感じです。英語が下手なのはあまり突っ込まないでいただけるとありがたいです(^^;

  • Title: PEGEX: a PEG-based pattern matching library EXtended by back reference with regex-like notation in Scala
  • Abstract: I would like to talk about PEGEX, which I have been developping and is a pattern matching library based on parsing expression grammars (PEGs) extended by back reference with regex-like "light-weight" notation. Scala's PEG parser combinator library is very expressive and extensible. However, its syntax is too "heavy-weight" for pattern matching to strings. In such cases, we can use scala.util.matching.Regex class instead of PEG parser combinator library because Regex's syntax is "light-weight". But Regex cannot handle strings that have recursive structure easily. PEGEX is the combination of power of PEG and "light-weight" notation of Regex. Additionally, PEGEX have "back reference", which I borrowed from Regex for the cases such as correspondence of tag names of XML. I will talk about design, implementation, and usage of PEGEX. Currently PEGEX is being developed internally and not released yet. I'm planning to release PEGEX after a few months.

ちなみに、現在のところ一人で行く予定なのですが、他に、Scala Daysに参加されるという方はいらっしゃらないでしょうか?一人だと少々心細いので、他にも日本人の参加者が居るといいなー、などと思っております。もし居られましたら、連絡していただけると嬉しいです。

追記:自分の発表は4月15日 18:05〜18:35(現地時間では4月15日 11:05〜11:35)のセッションのようです。