kmizuの日記

プログラミングや形式言語に関係のあることを書いたり書かなかったり。

Kotlin

Kotlinでメソッド定義にrunを使う意義

Kotlinにはrun というメソッドがstdlibにあります。これ、定義をみると、 @kotlin.internal.InlineOnly public inline fun <R> run(block: () -> R): R = block() 引数で渡された0引数ラムダ式(とKotlinの用語法に従っておく)をそのまま呼び出すだけというも</r>…

Kotlinのsmart castの限界

Kotlinには所謂smart castと呼ばれる(公式ドキュメントがそう称している)機能があります。 たとえば以下のように、ifの条件式でnullチェックをすることにより、その中ではnot-nullableな型として扱うことができます。 gist.github.com ただし、一般的に、…

Kotlinのブロックからなる関数定義でreturnを書かなくて良いようにする

Kotlinでは、一つの式からなる関数は fun add(x: Int, y: Int): Int = x + y のように明示的なreturnを必要としません。次のように複数の式からなる関数定義ではreturnが必須となります。 fun printAndAdd(x: Int, y: Int): Int { val k = x + y println(k) …

プロジェクトのバイナリ互換性をうっかり壊してしまわないように、最初に気を付けるべきこと(主にScala)

先日、MiMaの紹介のために、 kmizu.hatenablog.com を書きましたが、それの続編みたいな何か。基本的なことだと思うのですが、色々なScalaプロジェクトがバイナリ非互換な変更の元になる行為を意図せず行っている気がするので、啓蒙のために書いてみることに…

あなたの知らないKotlinのsmart cast(known as Flow-Sensitive Type)

皆さん、Kotlin触っていますか?Kotlinかわいいですよね、Kotlin(どの口がそんなことを言うかって感じですが)。Kotlinにはsmart castという機能があり、安全なキャストができます、というのは不正確で、KotlinはFlow-Sensitive Typeと呼ばれる型システムを…