読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kmizuの日記

プログラミングや形式言語に関係のあることを書いたり書かなかったり。

JSONのようでそうでないデータフォーマットNSON 0.0.1リリース

きっかけは、昨夜の思いつきでした。

JSONでも以前から、末尾のカンマを許すようにしてほしいとかそういう要望があったと記憶していましたが、そもそもカンマを要らなくすれば解決では?というのが動機です。

NSONは次のような特徴を持っています。

  1. オブジェクトの属性を区切るカンマが必要ない
  2. 配列の要素を区切るカンマが必要ない
  3. 属性のキーとして、文字列リテラルの他に通常の識別子が使える
  4. JSONの完全上位互換である

まず最初の点についてですが、たとえば、

{ "x": 1 "y": 2}

のような記述ができるということです。また、改行で要素を区切って

{ "x" : 1
  "y" : 2 }

のように書くこともできます。

その次の点ですが、これは最初の点と同じようなものです。

{ "like": ["Scala" "Nemerle" "Scheme"] }

このように、配列の要素をカンマで区切る必要がありません。

3番目の点ですが、これは、JavaScriptでは許されていたものの、JSONでは許されなくなった点の一つであり、たとえば、

{ x: 1 y: 2}

のような記述が許されます。

最後の点ですが、これはそのままです。JSONで正しいデータはNSONでも正しいデータです。たとえば、

{ "x": 1, "y": 1}

は正しいJSONのデータであり、かつ、正しいNSONのデータです。

詳しくは、以下のURLを参照してください。

GitHub - kmizu/nson: NSON: an object notation that is not a JSON but alike JSON.

NSONは構文上の実験であり、今後メンテナンスしていくかは正直微妙です。これを拡張していくことで何か書きやすいデータフォーマットが生まれる可能性もあるので、思いついたら何か手を加えていくかもしれません。

ちなみに、思いついてからNSONのパーザを書いて、ある程度動作するようになるまで3時間くらいでした(自作のKlassic言語のパーザがある程度流用できたので、ちょっとズルいかもしれません)。こと構文解析においてはさすがだな自分と自画自賛しておきます。